MENU

プードルは自宅でカットてスタイルをキープしょう

プードルのトリミングの頻度は、月に1回が平均ですね。
スタイルが崩れる前に、目の周りなどが伸びてきたと感じた段階で、サロンに連れてくのがベストですが、料金も決して安くはありません。

 

 

例えば、トイプードルの足裏の毛が伸びて肉球にかかるとフローリングなどで足を滑らせて関節を痛めたりする心配もあります。
その為、少なくとも汚れが目立つ場所や毛が伸びてきた部分は自宅でカットしてスタイルをキープするようにトリミングの方法を覚えておくと便利でしょう。

 

 

何より、月2回の自宅でプチカットするだけでスタイルもキープすることができ、サロンに行く回数も減らせるので経済的にも助かりますよね。

 

 

そんなプードルの綺麗なスタイルを維持するには、目のまわりはもちろん、足の裏や足先、内股と肛門の周りの4か所をカットすると良いでしょう。
ただ、まだ慣れていないうちにばっさり切ってしまうとスタイルが崩れてしまうので、はじめは少しお手入れする感覚で行うようにすると良いと思います。

 

 

そして、目元や足先などの基本のカットは、カットバサミで行うようにして、肛門周りなどの毛量の調節にはスキバサミ、細かい部分は小さいボブバサミを使いましょう。
また、足の裏やお腹周りは0.1〜1ミリ程度の長さのバリカンがあると便利です。

 

 

なお、ハサミのの使い方は、親指と薬指を穴に入れて、親指だけをを動かして使うのがポイントです。

 

 

このカリスマトリマーの長瀬健一さんの、自宅で観るだけ【簡単トリミング教材】DVDは、カット経験ゼロ・全くの初心者の状態からでも、全工程を映像で間近で見て、真似て、実践するだけです。

自分のペースで始められ、伸びてきたところだけ切ってスタイルをキープするプチカットなら、より簡単に出来るようになれ、次回のサロンへ行くまでの間に、自分で毛並みをを整えて怪我を防いだり、清潔にしてあげることが出来るでしょう。

 

初心者でもたった30日で愛犬を好きなスタイルでカットできてしまう方法

 

自宅で観るだけ【簡単トリミング教材】の詳細を見てみる