MENU

トイプードルのシャンプーの仕方

トイプードルのシャンプーの仕方をご存じですか?
1〜2週間に一度の頻度でシャンプーをする習慣をつければ、綺麗な皮毛と健康な皮膚を保つことができますね。

 

 

 

そんなトイプードルのシャンプー&ドライのポイントは、犬を驚かせないように手早く行うことです。
その為には、まずはブラッシングして、毛のもつれをとっておき、洗う手順をしっかり頭に入れておくことで、スピーディーにすませることが出来ます。

 

 

そして、体をぬらす時は、ボディから顔の順番で行います。
全体の流れとしては、お湯の温度を38度に調節し、足元からボディの順で体をぬらし、顔は手で顎を持って顔を上に向けて、お湯が鼻に入らないようにして顔を濡らします。
また、シャワーヘッドは動画にもあるように体に密着させのがコツで、そうすること皮毛を効率よくぬらせます。水が苦手な子は少しずつスポンジで濡らしていけば、驚きませんね。

 

 

次にシャンプー液をつけていきますが、薄めてボトルに入れていたシャンプー液を、全身に行き渡るようにつけていきます。この時には足から始め、汚れやすい足先や肉球、肛門回りまで良く洗いましょう。

 

 

また、お腹は前足を持ち上げて立たせて、液をお腹に揉み込み、内股と陰部も洗い、それが済んだら前足を下ろして立たせて、背中からしっぽの付け根まで良く洗いましょう。
顔は、耳、眉間、口周りの順で液を揉み込み、指の腹を使って洗います。尻尾も毛先まで丁寧に。

 

 

シャンプーを洗い流す時は逆に、顔からボディの順番で行い、タオルドライ、そしてドライヤーでお腹、背中側、顔の順序で乾かします。
乾かす時には、全身をぶるぶる振って水気をとばさせ、毛の長い部分や足は手で水気を搾り、ゴシゴシこすらないようにタオルを押し当てて水分をとります。

 

 

ドライヤを使う時は、熱風はやけどの原因になるので、顔の正面から風を送らないよにうにして、親指で目を覆うようにすると良いでしょう。

 

 

なお、ふんわり美しい皮毛を維持するには、犬用の上質なシャンプーを選ぶことが大切です。
汚れを落とす海面活性剤にも色々ありますが、肌に優しいアミノ酸系か洗浄力に優れている高級アルコール系を使ったものがお勧めです。

 

なお、楽天で送料無料で良質な犬用シャンプーも購入出来ます。
私も、レビューを見て購入したのですが、価格もお手頃で仕上がりも良かったですよ。↓↓
オマケ付♪APDCティートリーシャンプー250ml&APDCボリュームアップコンディショナー250mlセット♪組合せ自由♪【犬用リンス】【トイプードル】 【ポメラニアン】【コリー】【シュナウザー】【ワイヤーダックス】【RCP】

 

このカリスマトリマーの長瀬健一さんの、自宅で観るだけ【簡単トリミング教材】DVDは、基本のシャンプー&ドライの仕方が学べます。

シャンプー剤の選び方や洗う順番はもちろんのこと、足裏の洗い方、すすぎ、ブローの超便利なやり方など、なるほどテクニックを習得出来ます。

 

基本であるシャンプー&ドライの仕方をお教えします!

 

自宅で観るだけ【簡単トリミング教材】の詳細を見てみる