MENU

トイプードルのカット方法

プードルのカット方法はクリッパー(バリカン)で毛を刈ることから一般にクリップと呼ばれています。

 

カット方法

 

水猟犬と活躍していたので、水中で作業がしやすいように考え出されたカット方法が、その後のドックショー出陳するスタイルに進歩していきました。
最近ではぬいぐるみのようなテディペアカットが人気がありますが、鼻先の長さや頬や耳の毛の量などが様々なので、その子にあった似合うスタイルを見つけてあげましょう。

 

 

例えば、後躯を刈り上げた、ドックショーでよく見かけるゴージャスで高貴なスタイルのコンチネンタル・グリップは、美しいプードルの体型が引き立って見えますよね。
特に頭や耳の毛のゴージャスさが目を引き、優雅で独特の品格を漂わせてくれます。

 

 

そして、このカットのポイントは、鼻周りはバリカンで刈り、頭部や耳の毛は複雑にカットするようになります。
足は大きめのポンポン(パフ)にしてブーツを履いているようにします。
ただ、セルフでカットしようとすると上手くブーツのようにするのが難しいかもしれません。

 

 

その為、全体のバランスが難しいカットスタイルと言えますが、やり方さえわかれば素人でも出来ないことはありません。
また、あどけない可愛らしさを前面に出すなら、足元のボリュームカットも人気です。

 

 

これは頭の形を作りすぎず、自然な丸みのあるカットで、耳の毛も短めに、足は裾広がりのブーツカットでふわふわに仕上げます。
このカットポイントは、足はすきばさみでふんわりとボリュームを出しますが、耳の毛はスッキリ短めにします。

 

 

逆に顔が小さめな子は耳の毛を伸ばして、トップはヘアアクセサリをつけてまとめれば上品な感じになりますよ。口周りは短めにカットします。

 

 

また、ふんわり耳カットスタイルはぬいぐるみのようなフォルムで女の子らしいカット。
ポイントは、ボリュームを残しながら、短くカットした耳が可愛いですね。両耳と頭を繋ぐ丸いラインが愛らしく、口周りも丸いので柔らかな印象になります。

 

 

たっぷりとした毛量を生かした耳が、動くたびに揺れてキュートです。足はややすそ広がりのブーツカットにすれば安定感が出ると思います。
トイプードルは様々なカットスタイルが楽しめる犬種なので、その子の似合うカットスタイルを見つけてあげて、自宅でカットが上手く出来れば素敵ですね♪

 

自宅で観るだけ【簡単トリミング教材】の詳細を見てみる