MENU

ショークリップの種類

トイプードルのカットで、ショークリップにしたいという人も多いのではないでしょうか。
プードルの正統派カットは、バリカンを入れた独特なもので、ドックショーに参加できるカットのことをショークリップと呼びます。

 

ショークリップ

 

これを施すことで高貴さが際立ちますからね。
JKC(ジャパンケネルクラブ)が定めるプードルのショークリップの種類には、コンチネンタル、イングリッシュサドル、生後12カ月以下のパピークリップの3種類あります。

 

 

私がこの中では一番好きなのは、顔、足、尾の部分を刈りこんだパピークリップです。ですが、毛の量が少ないとみすぼらしく見えてしまいます。
毛質によっても合わないこともあります。

 

 

また、足先も刈り、腕輪の毛(ブレスレット)を残したコンチネンタルは、体型がスクエアに近くないと綺麗に見えないように思います。
パピークリップは全体に毛があるので、体型りごまかせるかもしれないですね。
そして、プードルのクリップで難易度の高いのは、後ろ足に2本の刈り込み部があるイングリッシュサドルでしょう。

 

 

その次はコンチネンタルではないかな。個人的にはショークリップはプードルの魅力を最大限に引き出してくれると思っています。
その子の顔立ちや性格にも変わってくるかもしれませんが、自宅でお手入れが出来るなら一度チャレンジしてもいいかもしれないですね。

 

自宅で観るだけ【簡単トリミング教材】の詳細を見てみる